旭川医科大学 医学部医学科 同窓会会則

制  定 昭和53年4月 1日

一部改定 昭和63年4月 1日

平成11年2月12日

平成12年6月21日

平成25年8月7日

平成26年10月17日

平成29年8月21日

旭川医科大学 医学部医学科 同窓会会則

第1章  総   則

(名 称)

第1条 本会は、旭川医科大学医学部医学科l司窓会(通称「旭川医科大学同窓会」)と称する。

(事務局)

第2条 本会は、事務局を旭川医科大学内に置き、幹事会の承認を得て支部を都道府県又は地区ごとに設けることができる。

第2章  目的及び事業

(目 的)

第3条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、旭川医科大学の発展並びに医学の進歩に寄与することを目的とする。

(事 業)

第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)同窓会誌の発行

(2)親睦会の開催

(3)会員の福利厚生に関する事業

(4)その他本会の目的を達成するために必要な事業

第3章  会   員

(会 員)

第5条 本会は、次に掲げる会員をもって構成する。

(1)正会員 旭川医科大学(以下「本学」という。)医学部医学科を卒業した者、本学大学院医学系研究科博士課程を修了した者及び本学における研究歴を有し本学の博士の学位を取得した者

(2)特別会員 本会の非正会員で、本学の現職の教授、准教授、講師、助教及び医員並びに元教授及び准教授(看護学科を除く。)

(3)学生会員 本学医学部医学科に在籍する者及び本学の非正会員で本学大学院医学系研究科博士課程に在籍する者

(4)名誉会員 本会に対する功労が顕著であって、幹事会において推薦された者

第4章  役   員

(役 員)

第6条 本会に次の役員を置く。

(1)会  長 1名

(2)副会長  若干名

(3)会長補佐 若干名

(4)常任幹事 若干名

(5)幹  事 若干名

(6)監事 2名

(選出方法)

第7条 役員の選出方法は次のとおりとする。

(1)会長は、幹事のうちから互選により選出する。

(2)副会長、会長補佐は、正会員のうちから会長が指名し、幹事会の承認を得るものとする。

(3)幹事は、各期から2名充てることとし、原則として、互選によるものとする。

(4)常任幹事は、幹事のうちから各期1名を充て、互選によるものとする。

(5)会計監事は、幹事会において正会員のうちから選出する。

(任 期)

第8条 役員の任期は2年とし、再選を妨げない。

2 役員は、任期満了後であっても後任者の選出があるまで、その職務を行わなければならない。

(任 務)

第9条 役員の任務は次のとおりとする。

(1)会長は、本会を代表し会務を総括する。

(2)副会長は、会務を分担執行する。会長に事故のあるときは、いずれかの1人がその職務を代行する。

(3)会長補佐は、会長及び副会長の職務を補佐する。

(4)幹事および常任幹事は、幹事会の構成員として重要会務の審議、決定に加わる。また、常任幹事は幹事会の委嘱を受け会務を分掌する。

(5)監事は、本会の会務及び会計の状況を監査する。

第5章  会   議

(会 議)

第10条 本会の会議は、総会、幹事会とする。

(総 会)

第11条 総会は、幹事会が必要と認めたとき、会長がこれを招集し、その議長となる。

2 総会の議決は、出席正会員の過半数をもって決する。

(幹事会)

第12条 幹事会は、会長、副会長、会長補佐、幹事、常任幹事より構成され、必要に応じて会長が招集する。

2 会長が急を要すると判断した事項については、審議の迅速化を図るために、メールを利用した幹事会(メール幹事会)を招集することができる。

(幹事会の議決)

第13条 幹事会の議決は、構成員の過半数が出席する会議において、その過半数をもって決する。

(審議事項)

第14条 次に掲げる事項は、幹事会の決議又は承認を得なければならない。

(1)収支決算

(2)会則の制定及び改廃

(3)その他本会の運営上の重要事項

2 前項各号のうち、会長が特に重要な事項と認めた案件は、総会において審議するものとする。

(学生会員の会議出席)

第15条 学生会員は、会長の要請に応じ、幹事会に出席することができる。

2 学生会員は、オブザーバーとし、議決権は有しないものとする。

第6章  会   計

(会 計)

第16条 本会の経費は、入会金、会費、寄附金及びその他の収入をもってこれに充てる。

(会費等)

第17条 前条の入会金、会費は、次のように定める。

(1)入会金 2,000円

(2)会  費 年額4,000円

(3)終身会費 入会後30年を経た会員を終身会費納入資格者とし、以後の会員として50,000円を前納することで終身会費納入者とする。

(会計年度)

第18条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。

第7章  そ の 他

(その他)

第19条 この会則に定めるもののほか、支部並びにその他本会の運営に閲し必要な事項は、幹事会の議決を経て会長が別に定める。

附   則

1 この会則は、平成11年4月1日から施行する。

2 第17条第2号の規定にかかわらず既に納入されたものについては、従前の額とする。

3 第17条第3号の終身会費納入資格者で、会費を既に前納している者は、同号に規定する金額との差額を納入することで終身会費納入者となるものとする。

4 第7条第3号の規定にかかわらず、幹事の定員については当分の間、定員数にこだわらないものとし、その定員数は会長が定める。

附   則

この会則は、平成12年6月21日から施行し、平成12年4月1日から適用する。

附   則

この会則は、平成25年8月7日から施行する。

附   則

この会則は、平成26年10月17日から施行する。

附   則

この会則は、平成29年8月22日から施行する。

 

慶弔費支出基準

幹 事 会 決 定

平成20年5月19日

1 旭川医科大学医学部医学科同窓会(以下「本会」という。)の会員が破格の栄蕃を受けた場合は、適宜、幹事会に諮り祝意(祝電、花束)を表す。

2 本会に対し多大な貢献を行った者に対して、適宜、幹事会に諮り感謝の意を表し、記念品を奉じる。

3 会員の逝去を知りえた場合は、その旨を速やかに本会事務局に連絡する。

4 会員、特別会員、名著会員が逝去した場合、役員の会葬又は弔電及び供花などにより哀悼の意を表し、後引同窓会誌にて会員に周知する。

5 会員などが逝去した場合の弔意は次のとおりとする。

(1)会  員

1.香典金 30,000円

2.供 花 15,000円相当

3.弔  電

(2)特別会員、名著会員

1.供  花 10,000円相当

2.弔  電

(3)宗教上の理由又は逝去後の日数を経過して連絡を受けた場合若しくはご遺族が辞退した場合などにより、⊥記の内容で弔意を表せない又は表すことが不適切の場合は、役員と協議して適宜対応する。

6 会員の疾病、災害を知りえた場合には、幹事会又は役員と協議して対処する。

7 その他緊急性又は特別な事情により、この基準により難い場合が生じた場合は、会長又は副会長の判断で処理し、後日幹事会に報告し承認を得るものとする。

附   則

この基準は、平成20年5月19日から実施する。ただし、この基準制定以前に処理したものについては、この基準により処理したものとする。